龍田屋だより

TOP>龍田屋だより>8/1 糸つむぎのMお婆さん|龍田屋だより|結城 龍田屋

8/1 糸つむぎのMお婆さん

DSC_0222[1]

いつも糸を持ってきていただくMお婆さん。御年88歳。

暑いときも寒い時も、つむいだ糸を20分くらいかけて歩いて持ってくる。

不躾ではあるが、こんなことを尋ねてみた。

「Mさんは、いつから糸とり(糸つむぎ)してるの?」

すると、「私は子供のころからだよ」と。なぜ、子供のころからなのか?

聞くところによると、Mお婆さんの母親も糸をつむいでいたそうで、母の姿を見ているうちに「糸つむぎ」がしたくなったそうだ。母親には、「触るな!」と一喝されても、ついつい真綿から糸をつむいでしまったそうだ。

母親が呆れたのか、「それなら、やってみろ」と。

Mお婆さんが取った糸は、反物を織る機屋さんに実に評判が良かったらしい。以来、Mお婆さんは糸をとって70年以上?「昔みたいに良い糸は取れなくなったけどね」と笑いながら話してくれる。

2014年8月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Topへ↑